「おいしいごはん」の舞台、建長寺  おいしごはん

「おいしいごはん」の舞台、建長寺

ドラマ「おいしいごはん」の舞台となっている、鎌倉の建長寺。
根菜がたくさん入った「けんちん汁」の語源とも言われています。

建長寺は5代執権北条時頼によって建長五年(1253)11月に創建されました。
とても広い敷地内に沢山の見処があるようです

京都から移築された総門、銅板葺き屋根入母屋造りの三門、住職が説法される関東最大の法堂、芝・増上寺の廟所を移築した仏殿などがありますが、これらは江戸時代以降に再建されて移動、建築されたものがほとんどになります。

建てられる前には、この土地は「地獄谷」と呼ばれていました。
化粧坂の瓜ヶ谷地獄やぐら、極楽寺、名越坂のまんだら堂など、
鎌倉の境目にあたる所というのは沢山の庶民の墓地やの場だった
そうです。
罪人の処刑が行われていた場所でもあるようです。
化粧坂は1331年に「元弘の変」で捕らえられて処刑された日野俊基で有名です。
そして地蔵菩薩坐像を本尊とする伽羅出陀山心平寺があったそうです。

開山は大覚禅師

建長寺の奥の方に行くと、長い石段があります。
その石段を250段ぐらいえっちらおっちらと上って行くと天園ハイキングコースの入り口(出口)になります。
太平洋を望ねる、とても景色良い場所です。
長い階段があるようです。
なんとそこには天狗の像がいっぱいです。
ポーズも決めていて、子どもが大好きな戦隊物のヒーローみたいで楽しいです。

住所:鎌倉市山ノ内8
最寄り駅:JR横須賀線 北鎌倉駅 徒歩約15分
営業時間:8:30?16:30
拝観料:300円
駐車場:あり(有料)

おいしいごはんに登場するこの場所、お近くの方一度訪ねられては
いかがですか。
posted by おいしごはん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいごはん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。