おいしいごはんの炊き方 おいしごはん

おいしいごはんの炊き方

ドラマ「おいしいごはん」もこの時期にスタートなのは
新米の季節だから?しょうか!!

新米の季節ですね?
甘くてふっくら、ごはんだけでもお代わりしちゃう新米。
せっかくのおいしいお米、上手に炊いて更に美味しいご飯にした
いものです。



★おいしいごはんの炊き方


1、米を釜や容器に入れたら、水を入れてすぐにその水を捨てます。
 お米はすぐに水分を吸い始めるので、できるなら大き目の容器に
水をいれて、その中に「一気に米を投入、すぐに捨てる」
がベストです。

2、水を流したら、すばやく研ぎます。リズミカルに、しかし米と米がなであわさる程度に優しく洗います。力を入れると米の粒が割れたりして味が落ちてしまいます。

その後水を入れ、研ぎ汁を捨てます。この工程を2回したら、3回目は研がずに水を捨てるだけにします。

*研ぐ=米の表面にくっ付いているタンパク質、ぬかを削り取り、きれいに洗い流すこと。キチンと研げていないとお米の味を悪くする原因の一つとなります。

3、一時間ほど水に浸しておく。米の中心まで水分を吸わせると、ふっくらしたご飯が炊き上がります。

新米の場合は、元々水分を多少含んでいるのでこの限りではありません。

4、はじめちょろちょろ、なかパッパ。あかご泣いても蓋取るな。

昔から言われるお米の炊き方です。
沸騰するまでは強火で一気に、沸騰したらおねばが吹きこぼれないよう火力を弱めて炊きます。
はじめチョロチョロというのは、昔は3の工程をすっ飛ばして火にかけていたからだそうで、米に水を吸わせるまでは弱火でちょろちょろやって、その後沸騰するまで一気に強火、なのだそうです。

おなかすかせた赤ちゃんが泣いても、炊いている途中に蓋を取っちゃうと水分が蒸発してまずいご飯になってしまいますので、決して蓋を開けてはいけません。

5、炊き上がったらしばらく蒸らす。


おいしいごはんの炊き上がり♪
今は炊飯器もあるし、ポイントは水に浸す所位でしょうか?
便利になりましたね

おいしごはんいただきましょうね〜〜
posted by おいしごはん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいごはん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。